優良な探偵

当サイトは、探偵の調査金額を解説するサイトです。

優良な探偵ほど、調査料金額は平均的な料金に近いものになります。なぜなら優良な探偵には、安定的に調査依頼が入るため、人目を引くような激安価格に見せる必要も、コストを多めに上乗せして、高い料金設定をする必要もないからです。また、安定して依頼を受けることにより、調査金額だけでなく依頼の際に気をつけたい調査力も高く、安定している場合が多いようです。
探偵の調査金額は、探偵ごとに金額設定のルールが違っていて一見してどこが安い、どこが高いと判断するのは難しいところがあります。
最初から全ての料金の入っているパック料金やごく一般的な成功報酬、調査に失敗で料金のかからない設定のある、完全成功報酬などがあります。成功報酬制は、成功報酬だけで調査が行えるわけではなく、着手金や経費などが必要とされるところもあります。

探偵の調査金額は、初めて見たときにはどういう設定になっているのかわかりずらいところがあります。
基本的には「着手金+成功報酬+経費+実費」という設定が多く、これは弁護士費用の料金体系にとても似ています。ただ弁護士費用と違う点は、依頼の相談は無料な点です。弁護士の場合、1時間5000円前後+消費税の相談料がかかってきます。
探偵における経費とは、調査に使う車両費や機材代、報告書作成料などをいい、実費とは、ガソリンや高速代、パーキングなどの使用料、その他調査を行う過程で必要だった料金をいいます。少し大げさなたとえですが、尾行調査中に調査対象者が急に飛行機を使って北海道や沖縄に移動すれば、事前に依頼者に連絡確認はされるものの、飛行機代や現地でのレンタカー代、宿泊費等も実費となるわけです。

経費、実費を含む時間制パックでも、あまりに遠距離への移動の場合は実費加算がありますが、通常範囲内の移動に関する実費分は探偵によっては、後加算なしの金額設定を組んでいるところもあります。





トップへ |  調査金額の基本 |  探偵というイメージ 

Copyright (C) 探偵の調査金額解説ネット